車査定において金額を決めるのはその車の状態がほとんどである。金額が決まるまでのプロセスを書いていく。

高値の買取が実現!車査定ナビ
高値の買取が実現!車査定ナビ

車査定において金額を決めるのはその車の状態次第

車査定における金額の決定は査定業務実施店が行う。査定業務実施店とは自動車査定協会の認可を得た店舗であり実際に自動車査定協会の試験をクリアした査定士と呼ばれるスタッフがが判断・金額決定を行うものである。

実際に査定を行う場合はまず一般的にカーチェックシートと呼ばれる、該当車両の車検証の内容や内、外装の状態、走行距離や装備品などを記入するシートにチェック項目にそって記入することから始まる。車検証の内容から車種、年式、グレードなどを確認し、査定金額の大本となる「基本価格」が決定する。また該当車両の見取りから傷・凹み・修復暦などの減点を行い、また、装備品、添付品などの状態から加点などを行う。それにより、基本価格から加点・減点を行い実際の査定金額か決定する。また実際に買い取り額や下取り額などを売り主に提示する場合は、その該当車両の相場額や、流通価格などの付加価値を加味し実際の査定金額として伝えることとなる。

実際に売主に伝える金額は査定金額に相場や流通価格を加味した金額を伝える事となるために、査定の金額とはそれらの価格の上乗せされた金額が査定金額と思われがちであるが、本来の査定金額は査定基準にのっとったその車の現状の状態の金額が査定金額であるといえる。また売主は少しでも金額をあげるための努力を行うが、実際には査定士は実物の車両の査定ポイントや事故歴、修復歴などを判断する知識を持っているために見落とす事はあまりないといえる。

PICK UP! サイト情報

Copyright (C)2019高値の買取が実現!車査定ナビ.All rights reserved.